会社が拠出し、加入者が将来のために運用する企業年金制度

日本人の平均寿命は70年間で21歳延びました。
1950年ごろの男性の平均寿命は約60歳でしたが、現在は約81歳となっています。
今後も日本人の寿命は延びると言われており、一説には現在60歳の人の4分の1が95歳まで生きるという試算もあるほどです。
「人生100年時代」が迫ってきていることを受け止め、老後の生活を保つための設計をする必要があります。

お知らせ&更新情報

  1. 【話題沸騰!】運用商品が追加されました
  2. 09.28【Webセミナー】今さら聞けない? 乗り遅れないための確定拠出年金
  3. 07.29【Webセミナー】今さら聞けない? 乗り遅れないための確定拠出年金
これまでのお知らせ

厚生年金適用事業者ならば事業規模に制限はありません。

企業型DC(確定拠出年金)は会社が実施主体となり、従業員に掛け金を拠出する制度です。従業員は月々の積立額や運用する商品を自分で決め、将来の資産を作っていきます。なお、毎月の掛け金は給与として支払われないため非課税となり、運用中の利益も非課税。加入から受け取りまで多くの税制優遇措置が受けられます。

PAGE TOP