総合型401k倶楽部の特長

総合型401k倶楽部の特長

中小企業に特化したプランで充実のサービスをご提供します

「企業型DCは大企業のもの」……そんなイメージをお持ちではありませんか?
.
ヒューマン・プライムの「総合型401k倶楽部」ならば加入者1名から、役員だけの会社であっても「厚生年金適用事業所」であれば制度導入が可能。
さらに、複雑な導入手続きを全面的にサポートいたします。
.

代表事業主は独立系人事コンサルティング会社である株式会社ヒューマン・プライム。社会保険労務士法人をバックオフィスに持ち、どの金融機関にも属さない中立的な立場で運営します。
なお、掛け金の支払い忘れを防ぐセーフティネットとしての保証金制度を採用しています。
.
制度設計のパターンやシミュレーションのほか、導入フローや費用などご不明な点がございましたら、お気軽にヒューマン・プライムまでお問い合わせください。
オンラインでのご案内も可能です。

代表事業主:ヒューマン・プライム

確定拠出年金制度の規約や掛け金のとりまとめを行います。この総合型401k倶楽部は、確定拠出年金に加入したいと考える企業が集まって、1つの制度を運営しています。そのまとめ役が代表事業主となります。

運営管理機関:SBIベネフィット・システムズ

運営管理機関は従業員からの運用指図を取りまとめ、資産管理機関に取り次ぐほか、加入者ごとの運用残高の記録管理、運用商品の選定・提供、運用商品に関する情報提供を行います。さらに、加入者からの給付申請に基づいて裁定を行い、資産管理機関に指示します。

資産管理機関:みずほ信託銀行

企業から拠出された掛金を年金資産として加入者の指示に基づき運用商品の売買等の管理・保全をします。また、給付の際は加入者の指示に基づき、年金(給付金)を支払います。

掛金・運用益が全額非課税に

企業等が拠出した掛金は全額損金算入となるため課税対象にはなりません。また企業等掛金は給与とは別扱いになるので所得税や住民税がかからず、税負担を軽減できます。マッチング拠出における従業員上乗せ掛金も非課税です。運用によって得た利益(運用益)も非課税となります。

年金または一時金で給付金を受け取る際は、所得控除の対象となります。年金として分割で給付金を受け取る場合は雑所得扱いとして公的年金等控除が受けられ、一時金として一括で給付金を受け取る場合は退職所得控除の扱いになります。

資産形成の自由度が高くライフプランにマッチ

それぞれのライフスタイルや今後の人生設計に合わせて運用商品や拠出額を選ぶことができるので、老後資金をアレンジしやすくなります。

また、加入者(従業員)が中途退職や転職した場合、加入者は積み立てた資産を持ち運ぶことができます。転職先に企業型確定拠出年金がない場合や企業型に加入できない公務員や自営業になった場合は、個人型への移換も可能です。

PAGE TOP