401k倶楽部 運用商品一覧

401k倶楽部 運用商品一覧

更新日 2021年9月6日

元本確保型商品/全3商品

元本確保型商品名商品の主な特徴運用会社
1住友生命確定拠出年金保険(単位保険別利率設定型/5年)年金保険住友生命
2あおぞらDC定期(3年)定期預金あおぞら銀行
3あおぞらDC定期(5年)定期預金あおぞら銀行

元本変動型商品(投資信託)/全28商品

元本変動型商品
(ファンド名)
商品の主な特徴委託会社名
(ファンドの運用の指図等を行う)
1フィデリティ・日本成長株・ファンド1998年の運用開始以来、20年以上の運用実績を誇る日本株アクティブ型公募投資信託です。フィデリティ投信
2三井住友・日経225オープン主として日経225マザーファンドへの投資を通じて、日経平均株価(日経225)の動きに連動する投資成果を目標として運用を行います。三井住友DSアセットマネジメント
3MHAM TOPIXオープン東証株価指数(TOPIX)の動きに連動する投資成果を目指します。アセットマネジメントOne
4DCニッセイ日経225インデックスファンドA「ニッセイ日経225インデックスマザーファンド」を通じて、実質的に国内の金融商品取引 所上場株式に投資することにより、「日経平均株価(日経225)」の動きに連動する投資成果を目標に運用を行います。ニッセイアセットマネジメント
5ダイワ投信倶楽部日本債券インデックス日本国内の公社債に投資し、投資成果をダイワ・ボンド・インデックス(DBI)総合指数の動きに連動させることを目指します。大和アセットマネジメント
6朝日-Nvestグローバルバリュー株オープン主として、朝日Nvest バリュー型 外国株マザーファンド受益証券への投資を通して、信託財産の長期的な成長を目指します。朝日ライフアセットマネジメント
7EXE-i 新興国株式ファンド新興国の株式市場の値動きに連動する投資対象ファンドを複数組合わせることにより、信託財産の中長期的な成長を目指します。SBIアセットマネジメント
8ダイワ投信倶楽部外国株式インデックス主として外国株式インデックスマザーファンドの受益証券および外国の株式に投資し、MSCIコクサイ指数に連動した投資成果を目指します。大和アセットマネジメント
9<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド日本を除く主要先進国の株式に投資します。MSCIコクサイ・インデックス(配当込み、円換算ベース)に連動する投資成果を目指します。ニッセイアセットマネジメント
10三菱UFJ (DC)海外債券オープンFTSE世界国債インデックスをベンチマークとし、中長期的に同指数を上回る投資成果を目指します。また、「海外債券マザーファンド」を通じて、日本を除く先進諸国の国債を中心とした各種投資適格債券に分散投資します。三菱UFJ国際投信
11ダイワ投信倶楽部外国債券インデックス外国の公社債に投資し、投資成果をFTSE世界国債インデックスの動きに連動させることを目指します。大和アセットマネジメント
12三井住友・DC外国リートインデックスファンド世界各国の不動産投資信託証券(リート)を主要投資対象とし、S&P先進国REIT指数の動きに連動する投資成果を目指すファンドです。三井住友DSアセットマネジメント
13ひふみ年金受益者の長期的な資産形成に貢献するために、円貨での信託財産の長期的な成長を図ることを目的として、ひふみ投信マザーファンドの受益証券を通じて国内外の株式に投資することにより積極運用を行ないます。レオス・キャピタルワークス
14三菱UFJ(DC)ライフバランスファンド安定型運用はファミリーファンド方式で行ない、国内債券57%、国内株式20%、外国債券10%、外国株式10%、短期金融商品3%の比率で配分した基本ポートフォリオのもと、個別資産毎におけるアクティブ運用を行ないます。三菱UFJ国際投信
15三菱UFJ (DC)ライフバランス安定成長型運用はファミリーファンド方式で行ない、国内債券42%、国内株式30%、外国債券10%、外国株式15%、短期金融商品3%の比率で配分した基本ポートフォリオのもと、個別資産毎におけるアクティブ運用を行ないます。三菱UFJ国際投信
16三菱UFJ(DC)ライフバランス成長型運用はファミリーファンド方式で行ない、国内債券32%、国内株式35%、外国債券10%、外国株式20%、短期金融商品3%の比率で配分した基本ポートフォリオのもと、個別資産毎におけるアクティブ運用を行ないます。三菱UFJ国際投信
17三菱UFJ(DC)ライフバランスファンド積極型運用はファミリーファンド方式で行ない、国内債券27%、国内株式40%、外国債券5%、外国株式25%、短期金融商品3%の比率で配分した基本ポートフォリオのもと、個別資産毎におけるアクティブ運用を行ないます。三菱UFJ国際投信
18みずほ信託銀行確定拠出年金向年金投資基金信託マイブレンド株式70型国内外の株式の基本組入れ比率を70%、債券25%、短期金融商品5%と分散投資を行うことにより、リスクを抑えつつ長期的な信託財産の成長を目指した、年金運用に相応しい特徴を有するライフサイクル型ファンドです。みずほ信託銀行
19みずほ信託銀行確定拠出年金向年金投資基金信託マイブレンド株式50型国内外の株式の基本組入れ比率を50%、債券45%、短期金融商品5%と分散投資を行うことにより、リスクを抑えつつ長期的な信託財産の成長を目指した、年金運用に相応しい特徴を有するライフサイクル型ファンドです。みずほ信託銀行
20みずほ信託銀行確定拠出年金向年金投資基金信託マイブレンド株式30型国内外の株式の基本組入れ比率を30%、債券65%、短期金融商品5%と分散投資を行うことにより、リスクを抑えつつ長期的な信託財産の成長を目指した、年金運用に相応しい特徴を有するライフサイクル型ファンドです。みずほ信託銀行
21セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド1ファンドで世界中に分散投資を行います。株式と債券の投資比率は原則50%:50%とし、リスクを抑えながら安定したリターンの獲得を目指します。セゾン投信
22フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2030西暦2030年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
23フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2035西暦2035年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
24フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2040西暦2040年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
25フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2045西暦2045年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
26フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2050西暦2050年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
27フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2055西暦2055年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
28フィデリティ・ターゲット・デート・ファンド(ベーシック)2060西暦2060年をターゲット・イヤーとして株式中心の積極運用から債券中心の安定運用へ資産配分を自動的に変更していきます。フィデリティ投信
PAGE TOP